企業選びのポイント 年齢編 #2

d7f6db8b702c2b79f34bd3bbcc2ab126_s.jpg

今回は前回に引き続き、
企業選びのポイント 年齢編


について、
IT企業の場合は、どうなのか
を書かせて頂きます。



私のプロフィールにも
ありますように、
私はIT系エンジニアです。


ITエンジニアと言っても、
いっぱい種類があるんです。


私も元々パソコンオタク
(ちょっと古い言い方ですかね?)
だったし、年齢もいってるので、
色んな業務をしてきました。


ここで、私のスキルを
公表しても有意義では
ないと思いますので、


私の経験の中から、
業種ごとの特徴を
書きたいと思います。



A システム開発系

B ネットワーク系

C 社内SE系


私の経験をざっくり
分けるとこんな感じに
なります。


Cの社内SE系は
AとBを足したような
感じになります。


Aについては、
圧倒的に若い方が多いです。


Bについては、
高齢者?が
けっこう普通にいます。


Cも若い方が多いですが、
Aにくらべれば、


多少年齢が上の方も
ちらほらいる場合があります。



時代の流行廃りがあるので、
AのWEB開発系やスマホアプリ
(ゲーム開発)などは、


求人数が多いですよね。


Aの業種専門の転職サイト
なんかもあったりします。

Green
https://www.green-japan.com/

こんなところとか。


このサイトは、
一般的な転職サイトと
雰囲気が全然違って、


斬新ですね。
ちょっと、写真がでかすぎて、
見辛かったりしますが…。


一応私も登録してます。はい。



ここからIT系に詳しい方は、
読み飛ばして下さい。


当たり前の話でつまんない
と思います。


それでは、IT系の年齢について、
前回の記事


企業選びのポイント 
 年齢編 #1


で書きました、

①新卒~20代前半

②20代後半~30代前半

③30代後半~40代前半

④40代後半~50代前半

⑤50代後半~定年


の年代を前提に、
書きたいと思います。



A システム開発系については、
年齢層が若いこともあって、


基本的に給与が低い場合が
多いです。


最近はだいぶ減ったと
思いますが、一昔前まで、


月間稼動時間より年収が
少ないなんて、当たり前だった、
時代があります。


例えば、月に300時間働いて、
年収250万とかいう感じです。


300働いて、250もらう
ということです。


言うまでもないですが、
8時間労働で一ヶ月20日勤務だと


残業なしで、月に160時間稼動
ということになります。


月に300時間働くということは、
ざっくり、2倍ということですね。


それでも給料は、
月に税込み20万くらいということです。

時給換算すると、670円くらいですね。


かなりの低賃金です。


最近では、
ベンチャー企業で


スマホゲームやネットゲームなどが
爆発的なヒットを飛ばして、
高額な給与をもらえる場合も
ありますが、


基本的に、
A システム開発系は
低賃金で、高稼働という
図式が多いと思われます。


となれば、
給与的にも体力的にも
②世代まで、くらいじゃないと、
厳しいわけですね。


それに開発の業務って
そもそも、
気の遠くなるような


細かい作業が盛りだくさんなので、
そういう意味でも厳しいです。


私も、今やるのは、ちょっと…
と思います(汗)。


したがって、
企業側もなるべく
若い人しか採用しない
わけですね。



B ネットワーク系について、
書こうと思いましたが、
記事が長くなってしまったので、


今回はここまでにして、
続きは次回
また書きたいたいと思います。



最後までお読み頂き、
ありがとうございました。